金(きん)の価格相場を参考にネット上で金を購入!
最近の貴金属地金価格
貴金属地金価格
 Pt=プラチナの価格推移
 Gold=金(きん)の価格推移
 縦軸は円での価格です。
 ここ数ヶ月ですごい変動です。

NYダウリアルタイムチャート株価速報
 国内株価・海外株価・為替相場・商品相場などの
 リアルタイムチャートや時系列データを随時更新!

簡単に今まで記載してきたことをまとめておきます。

・金の品質は変質したり劣化することはない
・半永久的に価値がある
・課税されない(50万円以下)
・株やFXのようにハイリターンのためにハイリスクを背負い込む必要はない
・すぐにでも現金へ戻すことができる
・大きな価格変動が少ない

このように、金現物での取引はとても低リスクで堅実的です。

だから正直なところ、金投資(投資=儲ける)というよりも”資産保全”として考えておくことが大切です。

まだ金の価格が安い今のうちから5年~10年スパンで長期的に保全することです。

必ず10年後には倍の額に値段が跳ね上がっています。




人気ブログランキングへ ←ポチッと押すとこのブログが推されます。押して頂けると嬉しいです!

←こちらもポチッと押すとこのブログが推されます!
金の品質は変質したり劣化することはありません。
不純物が混じっていたとしても、金が熔解する1000℃で熔解して純金を取り出して測定すればすぐに分かります。
純金とはそこまで厳密に算出されており、世界共通で絶対的な価値を持っています。

たまに「金は売るときに80%税金がかかる」とか「金は売れなくなるから意味がない」などを言って広めている人もいますが、そんなことは不可能です。

なぜなら、金は”鉱物資源”であって貨幣ではないからです。
だから金融商品取締法にひっかかることはありません。
仮に税務署でも1年間の”所得”(鉱物資源は含まれない)にしか課税は出来ないので、税務調査の対象外になります。

50万円以下の金ならば売る際にも非課税”なので安心です。

確かに”50万円以上の金を売るとき”には税金はかかります。
買値-売値=差額←これに税金がかかります。(譲渡所得として確定申告が必要です)
しかし、5年以上保有していれば、50万円以上でも税金はおよそ半額に優遇されます。
だから目先で儲けるのではなく、5年以上という長期的なスパンで金(きん)を大切な資産として保全していくことが大切です。

どれだけ時代が移り変わろうとも、金は世界中で共通の価値を持つ資産物質なのです。




人気ブログランキングへ ←ポチッと押すとこのブログが推されます。押して頂けると嬉しいです!

←こちらもポチッと押すとこのブログが推されます!