金(きん)の価格相場を参考にネット上で金を購入!
最近の貴金属地金価格
貴金属地金価格
 Pt=プラチナの価格推移
 Gold=金(きん)の価格推移
 縦軸は円での価格です。
 ここ数ヶ月ですごい変動です。

NYダウリアルタイムチャート株価速報
 国内株価・海外株価・為替相場・商品相場などの
 リアルタイムチャートや時系列データを随時更新!

金投資はプロと呼ばれる人が少ない世界です。

株やFXのように毎日そわそわしながらハイリターンのためにハイリスクを背負い込む必要はありません。

仮に金の現物を買ったとしても、すぐにでもまた紙幣の現金へ戻すことができるので安心です。

だから金投資(投資=儲ける)というよりも”資産保全”として考えておくことが大切です。

ウサギとカメの童話で例えたら、目先の利益と自分の成功する自信に酔いしれているウサギを尻目に、コツコツと堅実に歩き続けるカメさんのようなタイプの方にオススメです。

僕も普段、どうやって金を買っているかと言ったらパソコンや携帯電話で「金地金の価格チャート」を見て、前日と比べて安かったら買っているだけです。
携帯電話で相場確認(田中貴金属)

値下がった度に買うことを「押し目買い」(おしめがい)と言います。


僕は金地金が1グラムで2300円の時に、10グラム購入しました。

月収3万円にも満たないアルバイト代のうち2万3000円分を金に投資しました。

それが今(2009年12月20日 現在)では1グラムの値段が約3500円くらいになっています。
つまり今、同じ量の10グラムを買えば3万5000円します。

ということは現時点でさえ、
3万5000円-2万3000円=1万2000円の得をしています。

おそらくもう10年以上は金地金の値段が3000円台より下回ることはないです。

むしろ1グラム5000円台を遥かに超えていくと思われます。
そしていずれ必ず金地金は販売を停止して買えなくなります。
こう言い切れる理由はまた後に記載します。


実のところ、外国ではショーウィンドウから金が買い占められて売り切れになっているのに、
日本では販売停止さえもせずに”売ってくれている”だけで奇跡です。

だからまだ3000円台前半ならば買っても損はしにくいので、手を出すなら今がチャンスです。
売っているうちはいつ手を出しても遅くはありません。




人気ブログランキングへ ←ポチッと押すとこのブログが推されます。押して頂けると嬉しいです!

←こちらもポチッと押すとこのブログが推されます!
kin

 実際に田中貴金属店で購入してきた金。

 真ん中にあるマークが金地金を熔解・製錬した業者の登録マーク。
 
 その下が金地金の重さ。(20g)
 
 一番下の9999という数字は品質表示で、純度99.99%であることを表します。

  これらの刻印が、
 金の保証書の代わりとなります。












kinhikaku

 USBメモリーと大きさを比較してみるとこのくらいです。

 ちょうど、この左の画像でのサイズが、およそ原寸大の金(きん)の大きさです。
















スタンダードに地金商(田中貴金属店、徳力本店、石金属興業)で購入する場合、実際に貴金属店なんて行ったこともない方がほとんどだとだと思いますが、特に緊張する必要はありません。

僕も最初は緊張して貴金属店の前を人目を気にしながらウロウロしていましたが、普通の私服の普段着で行きました。

入り口で受付の方に金を購入したいという旨を申し出れば(たぶん向こうから聞いてくる)、購入をする裏口っぽい窓口に案内してくれるので、あとは係員の指示に従えばOKです。

警備員数名が監視している、やたら高級感あふれる雰囲気の窓口で金を購入することができます。
少なくとも田中貴金属店はそんな感じでした。

ただし、帰宅する際に、金(きん)の現物を持っている場合は、緊張して帰ることになります(笑)

しかし「最も少ない金額で、現物も手元に持つ」には、この方法が一番、安全です。

何よりも重要なのは、日本の有名な金小売業者(田中貴金属、徳力本店、石金属興業、三菱マテリアル[ゴールドショップ三菱])などの
ブランド店以外の店では金(きん)を買わない方が良いということです。

その理由は、また追って記載します。
このサイトでは「最も少ない金額」「現物」という、リスクが低くて堅実的な方法に加えて「ネットで購入」ということに重点を置いて説明していきます。




人気ブログランキングへ ←ポチッと押すとこのブログが推されます。押して頂けると嬉しいです!

←こちらもポチッと押すとこのブログが推されます!
全ては素朴な事情から
http://netgold777.blog11.fc2.com/blog-entry-3.html
の続きです。


最初に調べたのは、金(きん)が買える場所です。
金地金が買える業者は主にこれら6つがあります。

1:地金商
田中貴金属工業、徳力本店、石金属興業

2:商社
三菱商事

3:鉱山会社
三菱マテリアル、住友金属鉱山、日鉱金属

4:銀行
三井住友銀行

5:リサイクル事業者
松田産業

6:商品先物業者
協栄物産、第一商品、エース交易、カネツ商事、岡藤商事など


なるほど、よく分からないけどたくさんあるなぁ・・・・・・・・・・・・(´Д`;)
しかし、どの店舗も全て東京、名古屋、大阪とかの主要都市。

僕の場合、そこまで行く交通費だけで1万円以上はなくなってしまいます・・orz

なによりも・・

僕の家の前の様子↓
なにもない

なにもない!

外灯も隣家も一切なく、自動車の音さえしない、携帯電話も一切通じない、サルや、野良犬や、キジや、イノシシや、シカや、リスや、キツネが出没して、6月はホタルが大量発生する程度の、とっても自然豊かで素晴らしい場所なのです!!

ADSL回線が来ていてネットが出来ることが唯一の救い!

だから、僕のようなこんな辺境の田舎に住む方々も含めて、インターネットを通していかにして金(きん)を買うかという情報を提供していきます。




人気ブログランキングへ ←ポチッと押すとこのブログが推されます。押して頂けると嬉しいです!

←こちらもポチッと押すとこのブログが推されます!
僕は現在、大学生です。

僕が金投資を始めたのは、ちょうど1年前、副島隆彦さんの著書「恐慌前夜」を読んだことがきっかけでした。

大学生くらいのお酒とかタバコとかも解禁される年齢になると「俺、株やってるんだ」とか「俺、FXやってるんだ」とか、「経済っぽいこと」をそれっぽく語ることで「自分は大人っぽいことやっているんだい!」と自慢気に背伸びしている方々が同級生に多く出始めます。

しかし、株やFXをやっているという彼らから「儲けた!」と言う話は一切、聞いたこともなく、むしろ「損をした」という話ばかりで、僕は怖くて手を出せませんでした。

そもそも、今でさえ大学へ通えていると言っても、僕の父親は障害者のため週休4日の障害者雇用で、母親は福祉施設職員で、2人の収入を合わせても月収30万円もありません。

大学からの緊急な生活援助支援金と奨学金をもらってギリギリ通えている状況です。
だから、株だのFXだのでお金で遊ぶ暇もありません。

また、父の介助のために自宅から離れられず、大学まで往復で6時間と遠いために、朝5時頃に家を出て、夜は22時頃帰宅し、その後、父親の介助という日課の毎日です。
よって、アルバイトは地元で土日に入るのみなので、僕自身の月収は平均2万5000円です。

だから、今でさえ節約のために部屋の電気を点けなかったり、昼食を抜いたり、大学でのゼミ旅行やコンパなどの出費が必要な行事も全て断って、めったに娯楽へのお金も使いません。

なんとかしなければならない!

そこで、まずは極力お金を使わないようにし、長期的に財産を保全していく目的で、自分のアルバイト代で素朴に金投資していくことにしました。

財産の保全という考え方、つまり金(きん)という現物での保全という保守的な考え方が、当時の自分とも重ね合わせられて引き寄せるものがありました。


続き「なぜネットで買うのか?」↓
http://netgold777.blog11.fc2.com/blog-entry-4.html








人気ブログランキングへ ←ポチッと押すとこのブログが推されます。押して頂けると嬉しいです!

←こちらもポチッと押すとこのブログが推されます!
こんにちは!(・ω・)ノ
時ニールです。
金が買える年齢である20歳になってすぐに金に興味を持って、金投資を始めました。
みんな僕のことを地金王子と呼びます。
この1年間で金の需要・価格が急速に上がってきました。
多くの方に、お得な情報を提供できれば幸いです。




人気ブログランキングへ ←ポチッと押すとこのブログが推されます。押して頂けると嬉しいです!

←こちらもポチッと押すとこのブログが推されます!