金(きん)の価格相場を参考にネット上で金を購入!
最近の貴金属地金価格
貴金属地金価格
 Pt=プラチナの価格推移
 Gold=金(きん)の価格推移
 縦軸は円での価格です。
 ここ数ヶ月ですごい変動です。

NYダウリアルタイムチャート株価速報
 国内株価・海外株価・為替相場・商品相場などの
 リアルタイムチャートや時系列データを随時更新!

金投資はプロと呼ばれる人が少ない世界です。

株やFXのように毎日そわそわしながらハイリターンのためにハイリスクを背負い込む必要はありません。

仮に金の現物を買ったとしても、すぐにでもまた紙幣の現金へ戻すことができるので安心です。

だから金投資(投資=儲ける)というよりも”資産保全”として考えておくことが大切です。

ウサギとカメの童話で例えたら、目先の利益と自分の成功する自信に酔いしれているウサギを尻目に、コツコツと堅実に歩き続けるカメさんのようなタイプの方にオススメです。

僕も普段、どうやって金を買っているかと言ったらパソコンや携帯電話で「金地金の価格チャート」を見て、前日と比べて安かったら買っているだけです。
携帯電話で相場確認(田中貴金属)

値下がった度に買うことを「押し目買い」(おしめがい)と言います。


僕は金地金が1グラムで2300円の時に、10グラム購入しました。

月収3万円にも満たないアルバイト代のうち2万3000円分を金に投資しました。

それが今(2009年12月20日 現在)では1グラムの値段が約3500円くらいになっています。
つまり今、同じ量の10グラムを買えば3万5000円します。

ということは現時点でさえ、
3万5000円-2万3000円=1万2000円の得をしています。

おそらくもう10年以上は金地金の値段が3000円台より下回ることはないです。

むしろ1グラム5000円台を遥かに超えていくと思われます。
そしていずれ必ず金地金は販売を停止して買えなくなります。
こう言い切れる理由はまた後に記載します。


実のところ、外国ではショーウィンドウから金が買い占められて売り切れになっているのに、
日本では販売停止さえもせずに”売ってくれている”だけで奇跡です。

だからまだ3000円台前半ならば買っても損はしにくいので、手を出すなら今がチャンスです。
売っているうちはいつ手を出しても遅くはありません。




人気ブログランキングへ ←ポチッと押すとこのブログが推されます。押して頂けると嬉しいです!

←こちらもポチッと押すとこのブログが推されます!